人気ブログランキング |

大雪の日、そして輸送のこと。

今季初めての雪国らしい雪の降り方。一日で40cmくらいの積雪になりました。気温も上がらず、最高気温もマイナス2.6℃の真冬日になりました。
大雪の日、そして輸送のこと。_e0053810_17272471.jpg
久しぶりの除雪作業をした後、温室のなかでスズランの植え込み。今年は2か所の畑からスズランの苗を掘り取ったのですが、一方の畑は芽が異常に大きく成長していました。そちらは今まで花木を栽培した後、しばらく雑草管理をしながら放っておいた畑。根量も多く、1コンテナに規定の芽数を植え込むのが難しいくらい。
大雪の日、そして輸送のこと。_e0053810_17272443.jpg
フリティラリア・メレアグリスもぼちぼちと出荷しています。白色のalbaも多く混ざっている感じ。
大雪の日、そして輸送のこと。_e0053810_17273935.jpg
午後はJAで2時間にわたる花の輸送会議でした。夜21時までに市場(とくに関西市場)に荷下ろしするにはどのようにしたらよいか。そのことに絞っての3回目の会議でした。出荷量の多い産地であれば、このようなことは当面問題にならないのでしょうが、少量多品目でロットの小さい自分のようなところの産地では、他JAとの混載、多品目との混載、広域にわたる集荷、その他諸々、障害となるハードルが数多あってなかなか前進できません。いままで当然のようにそこにあった「物流」が、本当に不確かなものとなり、「物流あっての生産」「物流に合わせての生産」をつよく意識しないといけないようになりました。遠隔地の産地で、「物流がストップして荷物を送れなくなった」という話も数年前からよく聞くようになりました。「業界を挙げて考えていかなければ!」という掛け声もよく聞きますが、掛け声以上のものになっていないのだろうな、と思います。未来に向けてどのようにしていけばいいのか...まったくの五里霧中です。疲れました。

by n-hanaya | 2020-02-06 17:54 | 農場日記 | Comments(0)

長野県飯山市の切花農家から、農場と家族の「いま」をお伝えしています


by n-hanaya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29